障害年金の裁定請求手続代理のことなら、障害年金手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来、障害年金手続きの成功実績を700件以上もつ 「障害年金相談室」 にお任せください。

ロゴ

植竹社会保険労務士事務所
〒176-0006 東京都練馬区栄町37‐12 401

営業時間

9:30〜18:00
※メールは24時間受付

FAX

03-6914-6986

お気軽に相談ください

03-6914-6985

医師は、診断書を書くのが嫌なのだ!

先日、障害年金の診断書を書いてもらうために、依頼人に同行して、とある大学病院に行ったときのことです。
認定日請求をするために、医師に事情を説明した後、診断書を2枚渡したところ、「なんで、こんなの書けるわけないよ。馬鹿げているよ。」とか、「医者の仕事を増やすなよ。ふざけるな。」など診断書が書き終わるまで言い続けていました。

まあ、依頼人には、その場から下がっていてもらったのでよかったのですが。診断書がある程度書き終わり、医師の気持ちが落ち着いたときにこの診断書のことで話をしたのですが、こう言っておりました。

  • 「障害年金請求の診断書は、どのように書いていいかわからない。」
  • 「傷病によって診断書の用紙が違うからわからない。」
  • 「どうして2枚診断書が必要なのかわからない。」
  • 「はっきり言って、過去のことを調べて書くので、仕事の負担が大きくてやりたくない。」
  • 「障害年金の制度自体がよくわからないから、診断書の依頼をされると困る。」

他にもいろいろ言われていましたが、主に以上のことを言われていました。

私がその医師と話して感じたことなのですが、医師は、医学的なことは当然わかるのだが、年金制度が絡んでくると複雑で、診断書をどのように書いていいかわからず、診断書を書くのが億劫になるようです。

ですから、我々のような障害年金の専門の社労士が、医師に障害年金制度を説明し、依頼人(患者さん)が日常生活上困ることや、障害年金制度上の容態を説明し、それを踏まえて、医師に、依頼人(患者さん)が納得できる障害年金のための診断書を書いてもらうべきだと思います。

ご相談・お申込みはこちら

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのご連絡はこちら

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00  ※メールは24時間受付中

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来700件を超える障害年金代理申請 (請求) の成功実績があります。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。

障害年金 受給の診断

障害年金受給の可能性や裁定請求・審査請求など、さまざまなことについて、無料相談を承っています。

悩んでいても解決しません。まずは、ご相談を!

ご相談はこちら

障害年金セミナーのご案内

「病院や施設の職員」 や 「障害者団体・家族会」 を対象に、障害年金実務セミナーを行なっております。

講演依頼を承っておりますので、ご希望の方は当事務所までご連絡ください。

セミナーのご案内はこちら

NEWS

2014.09.09

障害年金受給後、他人に知られることはありません。受給の記録は年金手帳には記録されず、有無を調べることも出来ません。

2014.09.02

「貰えることを知らなかった」 そんな声も多い障害年金。日常生活や労働が困難になっている方、障害年金の申請はお済みですか?再度請求をお考えの方もまずはご相談ください。

事務所紹介

事務所イメージ

植竹社会保険労務士事務所

03-6914-6985

03-6914-6986

nao33@sky.plala.or.jp

社会保険労務士:植竹 尚之

〒176-0006
東京都練馬区栄町37‐12 401

事務所紹介はこちら