障害年金の裁定請求手続代理のことなら、障害年金手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来、障害年金手続きの成功実績を700件以上もつ 「障害年金相談室」 にお任せください。

ロゴ

植竹社会保険労務士事務所
〒176-0006 東京都練馬区栄町37‐12 401

営業時間

9:30〜18:00
※メールは24時間受付

FAX

03-6914-6986

お気軽に相談ください

03-6914-6985

高次脳機能障害とは

交通事故や脳卒中などで脳が損傷されると、記憶能力の障害、集中力や考える力の障害、行動の異常、言葉の障害が生じることがあります。これらの障害を『高次脳機能障害』と言います。

高次脳機能障害は、脳損傷に起因する認知(記憶・注意・行動・言語・感情など)の障害全般だけではなく、言語の障害である「失語症」や道具が上手く使えなくなる「失行症」、知的な働きや記憶などの働きが低下する「認知症」のほか、「記憶障害」「注意障害」「遂行機能障害」「社会的行動障害」などが含まれます。

このような症状が現れた場合で障害等級に該当する場合は、障害年金を受給できる可能性があります。

高次脳機能障害の原因

脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)

もっとも多いのは脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)です。脳の血管が詰まったり、出血を起こすことで、脳の機能を損なうものです。

外傷性脳損傷

次いで多いのは、外傷性脳損傷(脳外傷、頭部外傷)です。交通事故や転落事故などの際に頭に強い衝撃が加わることで、脳が傷ついたり(脳挫傷)、脳の神経線維が傷ついたり(びまん性軸索損傷)するものです。

その他の原因

脳炎、低酸素脳症など

上記のような原因で、失語症失行症認知症記憶障害注意障害遂行機能障害社会的行動障害が現れた場合は、高次脳機能障害であると思われるので、その線から障害年金の請求を考えていくべきだと思います。

とにかく高次脳機能障害は、症状の認識が難しいため、障害年金の受給率が低いのが現状です。慎重に、障害年金の請求手続の準備をしていくべきです。

高次脳機能障害【主な症状】

次のような症状が現れます。

  • 易疲労性(いひろうせい)=精神的に疲れやすい
  • 注意障害=集中力がない
  • 半側空間無視=体の半分から左右どちらかの空間について気づかなくなる
  • 失語=言葉を理解・表現できない
  • 記憶障害=新しく何かを覚えられない
  • 失行=ある状況の下で正しい行動がとれない
  • 脱抑制=抑制がきかない
  • 意欲・発動性の低下=物事を自ら始められない
  • 判断力の低下=自分で何か決断できない
  • 遂行機能障害=物事を計画して実行することができない
  • 病識の欠如=自身の病気への認識がない

但し誰もが上記のような症状を呈するわけではありません。

失語症とは脳の損傷により起こる言語障害のひとつです。
大脳の言語機能を司る言語領域が障害を受けることで、聴く・話す・読む・書くという言語障害が現れます。

失語症になると、それまで意識せずに行っていた他者とのコミュニケーションが困難となり、日常生活上支障が生じるようになります。

発症

失語症は、特に左側の大脳半球の損傷によって生じます。左側の大脳半球には言葉に関係する中枢があると言われています。
右利きの方のほとんどの場合、左側の大脳半球に損傷を受けたことで失語症を発症しています。左利きの場合は、約60%が左半球の損傷によって失語症を発症しています。

遂行機能とは、生活する上で必要な情報を整理し、計画し、処理していく一連の作業(目標を決める→計画する→手順を考える→実施する→結果を確認する)を円滑に行うために必要な機能である。

遂行機能とは具体的には以下のような行動で、日常生活や社会生活を円滑に営んでいくために重要な機能

  • 目的や目標を明確に意図する
  • 目的や目標を達成する為に計画を立てる
  • 行動の実行手順を決定する
  • 実際に行動する
  • 行動の結果を正確に評価する
  • 行動した結果の評価に基づいて目的や目標に適うように行動をより適切・効率的に修正する

遂行機能障害とは、上記のとおり、論理的に考え、計画し、問題を解決し、推察し、そして、行動するといったことができない。また、自分のした行動を評価したり、分析したりすることができない状態をいいます。

具体的な症状

1.【意図・計画】過程の障害
  • 日常生活では、思いつきだけで行動しやすい
  • 物事の取り掛かりが遅い
  • 時間に合わせて行動できない
  • 繰り返し同じような行動を行う
  • 行動が定型的で単調になりやすい
  • 順序立てて行動ができない
  • 状況に見合った行動がとれない
  • 行動が子どもっぽく幼稚である
2.【実行・評価・修正】過程の障害
  • 活動の実行手順の段取りや効率が悪い
  • 自分の行動の見通しが悪い
  • 失敗経験を有効に生かせない
  • 判断や決断が悪い
  • 自分に対する他人の思いに関心がない
  • 自分勝手な行動をとる
  • 機転が利かない
3.【目標保持】過程の障害
  • その場しのぎ的な行動が多い
  • 目の前の出来事に行動が左右されやすい
  • 行動を目標に合わせて維持し続けられない
  • 先を見越した行動がとれない
  • 些細なことにとらわれやすい
  • 集中力がない
  • 行動に一貫性がない

記憶障害とは、事故や病気の前に経験したことが思い出せなくなったり、新しい経験や情報を覚えられなくなった状態をいいます。

具体的な症状

1.記銘障害(前向性健忘)

記銘障害では、発症後に経験したこと、中でも新しい情報の習得が特に困難になります。

  • やったことや言ったことを覚えていない
  • 人の名前が覚えられない
  • 同じ話を何度もする
  • 作業の手順が覚えられない
  • 場所が覚えられないため目的地にたどり着けない
2.想起障害(逆向性健忘)

想起障害(逆向性健忘)では、発症前に径験し記憶していた知識や事柄、出来事が適切に思い出せなくなります。
日常生活においては、昔経験したことを思い出すことが困難になります。事柄自体は思い出せてもいつ・どこで起きたのか、曖昧になってしまうことがあります。

  • 過去の出来事が思い出せない
  • どこに物を置いたか忘れてしまう
3.記憶の管理障害

記憶の管理障害では、将来実行すべき事柄を思い出せなくなります。

  • 今日の日付や現在の時刻が解らない
  • 約束を忘れる
  • 予定どおりに行動できない

ご相談・お申込みはこちら

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのご連絡はこちら

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00  ※メールは24時間受付中

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来700件を超える障害年金代理申請 (請求) の成功実績があります。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。

障害年金 受給の診断

障害年金受給の可能性や裁定請求・審査請求など、さまざまなことについて、無料相談を承っています。

悩んでいても解決しません。まずは、ご相談を!

ご相談はこちら

障害年金セミナーのご案内

「病院や施設の職員」 や 「障害者団体・家族会」 を対象に、障害年金実務セミナーを行なっております。

講演依頼を承っておりますので、ご希望の方は当事務所までご連絡ください。

セミナーのご案内はこちら

NEWS

2014.09.09

障害年金受給後、他人に知られることはありません。受給の記録は年金手帳には記録されず、有無を調べることも出来ません。

2014.09.02

「貰えることを知らなかった」 そんな声も多い障害年金。日常生活や労働が困難になっている方、障害年金の申請はお済みですか?再度請求をお考えの方もまずはご相談ください。

事務所紹介

事務所イメージ

植竹社会保険労務士事務所

03-6914-6985

03-6914-6986

nao33@sky.plala.or.jp

社会保険労務士:植竹 尚之

〒176-0006
東京都練馬区栄町37‐12 401

事務所紹介はこちら