障害年金の裁定請求手続代理のことなら、障害年金手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来、障害年金手続きの成功実績を700件以上もつ 「障害年金相談室」 にお任せください。

ロゴ

植竹社会保険労務士事務所
〒176-0006 東京都練馬区栄町37‐12 401

営業時間

9:30〜18:00
※メールは24時間受付

FAX

03-6914-6986

お気軽に相談ください

03-6914-6985

脳出血の後遺障害による障害年金申請

障害年金相談室 脳出血の後遺障害による申請

はじめに

当所でご依頼させる脳出血の後遺障害での障害年金申請の多くは、片麻痺です。

 

左半身または右半身が麻痺によって動作が困難になり、日常生活に制限がされてしまいます。障害年金の審査では、この日常生活を送る上で必要な上肢・下肢の動作が、どの程度制限されるかを考慮して障害等級を決定します。

 

しかし、片麻痺による申請は、麻痺がある側と比べて症状が軽いために上肢及び下肢が制限を受けていないと判断され、主治医が制限を受けていない片側で日常生活上多くのことができると診断されてしまうことから本来認定されるべき等級より低く認定されたり不支給にされるケースが多いです。

 

手続きのポイント

脳出血による片麻痺には、主に2つのタイプがあります。

ひとつは上肢と下肢に重い障害があるタイプ、もうひとつは、一肢の障害だけが目立って重いタイプ(たとえば片腕はは全廃しているが片足についてはそれ程障害がないタイプ)です。障害年金では、障害のタイプによって審査のポイントが変わってくるので、ご自分の症状ががどちらのタイプにあたるかを把握しましょう。

上下肢に重い障害があるタイプの場合は、診断書の「日常生活における動作の障害の程度」を重要視して認定します。

一肢の障害だけが目立って重いタイプの場合は「可動域制限」や「筋力低下」を重要視して認定します。

障害年金の申請で失敗してしまう多くの原因は、診断書の不備にありますので、上下肢に重い障害があるタイプの方は、診断書「日常生活における動作の障害の程度」にとご自分で認識している日常生活における程度が違っていないかを必ずチェックして下さい。
一肢の障害だけが目立って重いタイプの方は「筋力低下」や「可動域制限」に抜けがないかをチェックするようにしましょう。

 

病歴状況申立書はかなり重要です!

障害年金を申請するときに必ず提出しなければならないのが病歴状況申立書です。
これは病気の流れを書いていくもので、審査では、診断書の補足資料として用いられます。

ほとんどの方は初めてですのでコツがつかめず、なかなか書き進めていけないものですが、だからといって適当に済ませば、障害認定において不利になることは間違えありません。

基本的には病気の経緯(入院歴、通院歴)を正確に記入する必要があります。
しかし、現在の審査の厳しさから考えれば、この病歴・就労状況等申立書により、自分の障害の重さをきちんと伝えておくべきです。脳出血により上肢・下肢のどのような機能障害があるのかを記入していきましょう。

当事務所コメント

「肢体の機能の障害」の場合には、主として日常生活動作の不自由さの程度で判断され、可動域や筋力も含め総合的に認定されます。
脳出血の後遺障害と同様に、以下のような傷病が「肢体の機能の障害」で認定されます。

  • 脳卒中、脳梗塞、脳腫瘍による後遺障害などの脳の器質障害
  • 脊髄損傷、腰部捻挫・損傷、頚部捻挫・損傷、ポリオ、ポストポリオ、脊髄小脳変性症などの脊髄の障害による多発性障害
  • 腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などの馬尾による障害
  • 進行性キンジストロフィー、パーキンソン病、悪性関節リウマチ、筋萎縮性側索硬化症、(ALS)、シャルコー・マリートゥース病、黄色靭帯骨化症、多発性硬化症、アレルギー性肉芽腫性血管炎(チャーグ・ストラウス症候群)などの多発性障害

※当事務所では、障害年金請求代行をご依頼いただいた場合には、医師に診断書作成依頼の際にご本人に同行して、専門家としてご本人の症状について説明を医師に対して行っています。

ご相談・お申込みはこちら

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのご連絡はこちら

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00  ※メールは24時間受付中

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来700件を超える障害年金代理申請 (請求) の成功実績があります。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。

障害年金 受給の診断

障害年金受給の可能性や裁定請求・審査請求など、さまざまなことについて、無料相談を承っています。

悩んでいても解決しません。まずは、ご相談を!

ご相談はこちら

障害年金セミナーのご案内

「病院や施設の職員」 や 「障害者団体・家族会」 を対象に、障害年金実務セミナーを行なっております。

講演依頼を承っておりますので、ご希望の方は当事務所までご連絡ください。

セミナーのご案内はこちら

NEWS

2014.09.09

障害年金受給後、他人に知られることはありません。受給の記録は年金手帳には記録されず、有無を調べることも出来ません。

2014.09.02

「貰えることを知らなかった」 そんな声も多い障害年金。日常生活や労働が困難になっている方、障害年金の申請はお済みですか?再度請求をお考えの方もまずはご相談ください。

事務所紹介

事務所イメージ

植竹社会保険労務士事務所

03-6914-6985

03-6914-6986

nao33@sky.plala.or.jp

社会保険労務士:植竹 尚之

〒176-0006
東京都練馬区栄町37‐12 401

事務所紹介はこちら