障害年金の裁定請求手続代理のことなら、障害年金手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来、障害年金手続きの成功実績を700件以上もつ 「障害年金相談室」 にお任せください。

ロゴ

植竹社会保険労務士事務所
〒176-0006 東京都練馬区栄町37‐12 401

営業時間

9:30〜18:00
※メールは24時間受付

FAX

03-6914-6986

お気軽に相談ください

03-6914-6985

東京の障害年金うつ病をお気軽にご相談ください

トップページ

障害年金の電話無料相談会日程

メモ帳

次回は、12月13日(水)に障害年金についての電話による無料相談会を実施します。

毎週水曜日は、障害年金についての電話による無料相談会を終日まで実施します。

 

“これから障害年金を請求したい”、“請求したが不支給だった”、“障害等級の決定に納得がいかない”、”社会的治癒による請求をしたい”、“初診日の記録が見つからない”、“なんとか過去にさかのぼっで請求したい”、“障害等級を下げられてしまった”といった障害年金に関わる様々なことで悩んでいらっしゃる方、まずは、お電話でご相談いただければと思います。

 

無料相談日の日程については下記をご確認ください。

※電話が込み合っていてつながらない場合がありますが、ご了承ください。また、ご相談内容は障害年金、傷病手当金、労災の障害補償給付、休業補償給付、傷病補償年金に限ります。

12月の無料相談日

 

 以下の日を予定しています。

  •  6日(水)
  • 13日(水)
  • 20日(水)
  • 27日(水)

※当事務所では、障害年金請求手続の代行をご依頼いただいた場合には、医師に診断の作成をお願いする際に、ご本人に同行して、専門家として診断書についての説明を医師に対して行っています。

障害年金の電話相談は基本的に無料です。気軽にご相談ください。
(有料になる内容の場合はその場で申し上げます。)

最近の精神疾患による障害年金の不支給になる理由はこちら

【はじめに】障害でお悩みの皆様方に

障害年金は、傷病のために働けなくなったときの生活費や医療費などの負担をカバーすることを目的とした制度です。

障害年金は請求をしなければ、もらうことができません。

悩む女性

そして、障害年金請求の手続きは、年金制度が複雑であるために理解しがたく、自力で障害年金の受給権を取得するのは、非常に困難となっています。

障害年金の認定は、書類上の認定なので、実際の障害の症状とは乖離が発生しがちなのです。

ですから、診断書、申立書の作成には充分注意を必要とします。

私は、年金の窓口職員や医師と本人やその家族の間の橋渡しをして交通整理をすることで、少しでも皆様方の力になれればと思います。

お問合せは無料となっておりますので、気軽にご相談ください。
 

※当事務所では、障害年金請求手続の代行をご依頼いただいた場合には、医師に診断の作成をお願いする際に、ご本人に同行して、専門家として診断書についての説明を医師に対して行っています

問い合わせ

お電話でのお問合せはこちら

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00

障害年金の支給の対象となる傷病

障害年金の支給対象となる傷病がほとんどです。

よくある請求例
  • 視力・視野・聴力が低下したとき
  • うつ病・統合失調症・発達障害・高次脳機能障害など
  • 脳梗塞・くも膜下出血など脳血管疾患の後遺症があるとき
  • 交通事故による後遺症(精神、脳神経、手、足の肢体等)があるとき
  • 心不全症状またはペースメーカー・人工弁を装着しているとき
  • 中皮種・肺気腫・間質性肺炎などの呼吸器疾患
  • 関節リウマチ等で人工関節・人工骨頭を挿入置換しているとき
  • 人工透析を受けているとき
  • 人工膀胱・人工肛門を造設しているとき
  • 糖尿病とその合併症
  • 肝硬変などの肝疾患
  • 各種のがん及び各種難病 (特定疾患)

以下のような傷病で悩まれている方に支給されます。
以下の表に記載されているような傷病で、「日常生活や労働が困難になっている方」 に支給されます。障害年金で一番多いのが 「貰えることを知らなかった」 事です。

視覚白内障、緑内障、ブドウ膜炎、眼球萎縮、網膜色素変形症など
聴覚・鼻腔機能・
そしゃく・言語機能
メニエール病、感音性難聴、突発性難聴、
頭部外傷または音響外傷による内耳障害外傷性鼻疾患、
咽頭摘出後後遺症、上下顎欠損など
肢体

脳梗塞、脳卒中、脳出血、脳腫瘍、重傷筋無力症、大腿骨頭壊死関節リウマチ変形性股関節症、変形性膝関節症 (人工関節) 、脊髄損傷、筋ジストロフィーシャルコーマリー・トゥース病

パーキンソン病多系統委縮症後縦靱帯骨化症、上肢または下肢の離断または切断

体幹の機能障害脳性まひ
精神統合失調症、うつ病、双極性障害、てんかん、気分変調症
認知症高次脳機能障害、器質性精神病、脳腫瘍の後遺症(てんかん)
呼吸器疾患肺気腫、慢性閉塞性肺疾患、気管支ぜんそく、気管支炎、
気管支拡張症
心疾患・高血圧完全房室ブロック、狭心症、心筋梗塞、高血圧性心疾患、
悪性高血圧症など
腎疾患・肝疾患・糖尿病慢性腎不全、人工透析、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎肝硬変・肝がん、糖尿病・糖尿病性のすべての合併症
社会的治癒が認められた

統合失調症

その他

直腸がん、大腸がん、膵臓癌、白血病、HIV、乳がん、胃癌、骨髄異形成症候群、遺伝性球状赤血球症

※障害年金を支給できないという決定に納得できず、「再度請求をお考えの方」 や 「審査請求、再審査請求をお考えの方」 どうぞご相談ください。

詳しくはこちらをクリック

部位別の障害についての相談

メールによる障害年金の無料相談

部位別の障害の受給可能性についての相談

ご自分の自覚されている症状と医師の作成した診断書の所見が一致しない』、『医師の作成した診断書の所見に納得でいない

という状況のまま、役所に障害年金の申請をしてしまったために、障害年金を受けられないでいる方が多く居らっしゃいます。

まずは、自分で自覚している状況で障害年金をもらえるかの診断をしてみてから医師に診断書を依頼してみてはと思います。

当初では、納得できる診断書を入手するために、自覚症状等を医師に伝えるために病院にご同行します。

※ご相談は、青文字のところをクリックしてみてください。
下記以外の症状の方は、質問フォームから状況を詳しく記入して送信してください。

障害年金相談室による出張相談室

障害年金申請のサポートをします。
このようなことでお悩みの方、ご相談ください!

パソコン

  • 眼や耳が不自由なので、家の近くで面談したい
  • 手、足に障害があり、遠出がつらい
  • 心臓病なので家の近くが安心
  • 人工透析で時間がとれない!
  • うつ病が重いため、家から一歩も出られない
  • 本人が統合失調症のため、家族が代わりに相談したい
  • 自宅に来てもらい、すべてのサポートをお願いしたい

土・日曜日もOK!
◆訪問面談をご希望の方は、電話かメールにてお問合せください。

対象者※「練馬」 から2時間くらいでお伺いできる場所にお住まいの方。
※2時間以上かかる場合は、ご相談ください。
※土曜・祝日もお伺い可能です。
成功報酬

(1) 年金2か月分+消費税
(2) 初回年金振込額の10%+消費税


成功報酬は上の (1) (2) のいずれか高いほうとなります。

お伺いする際にかかる交通費 (実費) 、お茶代等の費用は、お客様がご負担ください。

面談場所(1) ご自宅
(2) 入院先や介護施設など
(3) ファミレス、ファーストフード店、喫茶店等
面談内容
  1. 障害年金についての質問に答えます。
  2. 障害年金申請用診断書等の書類一式を持参して申請までの手順を解説します。
  3. お客様にとって最も適切な申請方法を検討します。
  4. 診断書や病歴状況申立書を、より評価されやすいものにするためにお客様が気づかない病状や病気の経緯をヒアリングします。
  5. 診断書をお持ちし、重要ポイントをアドバイスするとともに、医師が間違いやすい箇所に、不備が出ないようエンピツで要点を記載します。
  6. 必要な場合は医師に渡す書面を用意します。
  7. その他、さまざまな問題や悩みに対して有効な解決策をご提案します。
訪問サービスエリア
東京都(東京23区/練馬区、中野区、板橋区、杉並区、豊島区、北区、渋谷区、
世田谷区、目黒区、新宿区、港区、品川区、大田区、千代田区、足立区、
荒川区、江戸川区、葛飾区、江東区、墨田区、台東区、中央区、豊島区、
文京区)
(市町村/西東京市、東久留米市、清瀬市、東村山市、国分寺市、小金井市、小平市、東大和市、武蔵村山市、調布市、狛江市、三鷹市、武蔵野市、
府中市、稲城市、多摩市、日野市、町田市、八王子市、国立市、昭島市、
立川市、福生市、あきる野市、羽村市、青梅市など)
神奈川県

横浜市 (西区、中区、港北区、緑区、青葉区、都筑区、鶴見区、神奈川区、
保土ケ谷区、戸塚区、旭区、瀬谷区、栄区、泉区、南区、磯子区、金沢区、
港南区) 、川崎市 (川崎区、幸区、中原区、高津区、多摩区、宮前区、
麻生区) 、鎌倉市、藤沢市、茅ケ崎市、平塚市、小田原市、逗子市、
横須賀市、大和市、座間市、綾瀬市、海老名市、厚木市、伊勢原市、
秦野市、…など

千葉県千葉市、市川市、船橋市、松戸市、野田市、習志野市、柏市、流山市、
八千代市、我孫子市、浦安市、佐倉市、成田市、旭市、銚子市、四街道市、
印西市…など
埼玉県さいたま市、所沢市、和光市、新座市、朝霞市、志木市、入間市、飯能市、川越市、春日部市、川口市、加須市、行田市、東松山市、狭山市、熊谷市、鴻巣市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、桶川市、久喜市、
北本市、八潮市、富士見市、蓮田市、白岡市…など
茨城県古河市、結城市、下妻市、つくば市、つくばみらい市、常総市、守谷市、坂東市、境町、水戸市、日立市、土浦市、取手市、龍ヶ崎市、筑西市、笠間市、鹿嶋市…など
栃木県宇都宮市、小山市、栃木市、佐野市、足利市、下野市、壬生町、野木町、
真岡市、鹿沼市…など
群馬県前橋市、高崎市、桐生市、館林市、伊勢崎市、みどり市、藤岡市、太田市…など

一人で悩まず、障害年金の専門家にご相談を!

障害年金に関すること・裁定請求・審査請求など気軽にご相談ください。

「障害年金相談メール」 送信にあたってのお願い
以下の1~6については必ずご記入の上送信ください。

  1. お名前 (必須)
  2. ご住所 (必須)
  3. メールアドレス (必須)
  4. お電話番号 (必須)
  5. ご相談内容 (必須)
  6. 現在の具体的な病状 (必須)
  7. 受給可能性についての方は、部位ごとの質問に答えて、メールに貼り付けてください。

※当メール相談は無料 (初回) ですが、できるだけわかりやすく丁寧に回答を返信しております。
※上記必須事項についてご記入のない場合は、回答はしておりませんので、ご了承ください。
※生年月日、初診日 (○○年○月) 初診日に加入していた制度 (国民年金/厚生年金保険) についてもご記入ください。
なお、情報が少ない場合、その情報の範疇での回答とならざるをえませんのでご了承ください。

医学的なご質問については医師ではないため回答に限界がありますのでご了承ください。

例:山田太郎

例:ヤマダタロウ

例:xxxxx@xyz.jp
半角でお願いします。

例:2007/1/1
半角でお願いします。

性別を選択してください。

例:123-4567
半角でお願いします。

都道府県を入力してください

例:豊島区東池袋1-1-1

例:03-1234-5678
半角でお願いします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

ご相談・お申込みはこちら

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのご連絡はこちら

03-6914-6985

営業時間:9:30〜18:00  ※メールは24時間受付中

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所として平成18年10月開業以来700件を超える障害年金代理申請 (請求) の成功実績があります。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。

障害年金 受給の診断

障害年金受給の可能性や裁定請求・審査請求など、さまざまなことについて、無料相談を承っています。

悩んでいても解決しません。まずは、ご相談を!

ご相談はこちら

障害年金セミナーのご案内

「病院や施設の職員」 や 「障害者団体・家族会」 を対象に、障害年金実務セミナーを行なっております。

講演依頼を承っておりますので、ご希望の方は当事務所までご連絡ください。

セミナーのご案内はこちら

NEWS

2014.09.09

障害年金受給後、他人に知られることはありません。受給の記録は年金手帳には記録されず、有無を調べることも出来ません。

2014.09.02

「貰えることを知らなかった」 そんな声も多い障害年金。日常生活や労働が困難になっている方、障害年金の申請はお済みですか?再度請求をお考えの方もまずはご相談ください。

事務所紹介

事務所イメージ

植竹社会保険労務士事務所

03-6914-6985

03-6914-6986

nao33@sky.plala.or.jp

社会保険労務士:植竹 尚之

〒176-0006
東京都練馬区栄町37‐12 401

事務所紹介はこちら

トピックス

2015年8月5日

障害年金の事なら植竹社会保険労務士事務所へ。

2015年7月31日

ホームページをリニューアルしました。

新着情報

17.12.13

事故や病気で障害を持った時に受給できるのが障害年金です。しかし、障害に応じて等級付けがあり、医師の診断のもとで行政に適切に申請をしないと、せっかくの権利も行使することが出来ないので、適切なサポートを受けて正しく申請することが大事です。

17.12.6

医師に診断の作成をお願いする際に、同行して、専門家として診断書についての説明を医師に対して行ったうえで障害年金請求手続をいたします。

17.11.29

障害年金手続専門の社会保険労務士・植竹社会保険労務士事務所まで障害年金手続きのご相談・お悩みはお任せくだい。不服申立(審査請求、再審査請求)の手続代行も承ります。

17.11.21

障害年金とは負傷したり、病気になったりして働けなくなったとき、生活費や医療費等の負担を支えることを目的とした制度です。障害年金は自分から請求しなければもらうことができません。電話による無料相談の日もあります。

17.11.15

障害年金にかんしての無料相談(メール相談も可能)も出来るので、お気軽にご相談いただけます。

17.11.9

障害年金の代理請求では、平成18年に開業して以来700件の成功実績があります。安心と信頼の植竹社会保険労務士事務所に障害年金のことはご相談くださいませ。

17.11.1

病気や怪我のために働けなくなったときの生活費や医療費などの負担をカバーすることを目的とした障害年金。障害年金請求手続の代行業務は植竹社会保険労務士事務所にお任せください。

17.10.25

仕事をしており、病気やケガで働けなくなった場合、現役の方であっても障害年金を受給することが可能です。加入している年金が国民年金の場合は障害基礎年金を、厚生年金の場合は障害厚生年金を受給することができます。

17.10.19

うつ病で障害年金を申請する方でもっとも多いのが、自宅療養中にある方です。自宅療養が長いということは、それだけ病状が重いことを現わしますから、障害年金の申請を検討してみてはいかがでしょうか?

17.10.11

病気や怪我などで仕事に支障が出るときあるいは仕事などが出来なくなったときには、障害年金の受給を考えることが大事です。場合によっては、社会保険労務士に代行申請を依頼することを考える必要もあります。

17.10.4

植竹社会保険労務士事務所は、障害年金を専門に力を入れております。ご自身では難しい障害年金の申請や審査請求など親切丁寧にサポートいたします。

17.9.27

もし、働けない状態で生活が苦しいようなら、障害年金の受給を検討することをおすすめ致します。植竹社会保険労務士事務所までまずはご相談ください。

17.9.21

うつ病になり働けなくなった場合、障害年金により収入面をカバーすることができます。障害年金には「障害基礎年金」「障害厚生年金」があります。

17.9.13

障害年金取得のさいには、医師の診断書だけでなく、初めて受診した日を証明する初診日証明や戸籍謄本など書類が必要です。

17.9.7

障害年金とは障害が固定して、通常通り働く事が難しい人に対して支給される年金です。手続きがご自身では難しいこともあるのでお気軽にご相談ください。

17.8.30

障害年金の真性はなかなか手間もかかり、わかりづらいので、プロである植竹社会保険労務士事務所に任せてみてはどうでしょうか。

17.8.23

税金は払込書が送られて来るのに、医療費控除や障害年金など、手続きをしなければ受給出来ないものは数多くありす。お困りの際はプロに相談しましょう。

17.8.9

障害年金には、障害基礎年金と障害厚生年金があります。厚生年金を掛けている間に障害になった人が障害厚生年金の対象になります。

17.8.2

障害年金にも障害基礎年金と障害厚生年金があり、障害基礎年金よりも障害厚生年金の方が若干金額が高いです。

17.7.26

障害年金はガンや糖尿病等の病気や怪我になった時に障害の状態に応じて支払われます。加入している公的年金が国民年金か厚生年金か共済年金かによって障害年金の種類が変わります。

17.7.19

よく障害者手帳を持っていないと受給出来ないと思われている障害年金ですが、手帳などを有していなくても疾病と状態に応じて受給は可能です。制度そのものは非常に難解なために、社会保険労務士などに代行申請を依頼する方法があります。

17.7.12

障害年金は障害のある方が、きちんと生活できるように支給される制度です。しかし手続きが複雑でなかなか受給できないこともあります。障害年金の内容や受給について専門家が相談に乗ってくれる場所があります。

17.7.5

障害年金を受給するには用件がいくつかあり、それらを満たしている必要があります。まずは国民年金の加入期間中または60~65歳の間に病気や怪我をして障害を負ってしまったということ。次に、障害認定日に1級または2級の障害状態に該当した場合です。そして最後に病院で診察を受けるときに、それまで一定の保険料を納付していることです。これらを満たしていれば障害年金を受給する事が出来ます。

17.6.28

障害年金を受ける際に必要となるのが医師の診断書です。この診断書が重要で、内容によって障害等級が決定します。等級は全8種類で医学的な所見や生活・就労面も含めた内容で決まります。

17.6.21

障害年金をもらえる条件は、障がい者等級の1級~3級のいずれかに該当していることです。年金なので、国民年金もしくは厚生年金をきちんと納めていたということも重要です。収めていなかった期間があってももらえることがあるので、ホームページなどで調べておきましょう。

17.6.14

障害年金は、何らかの事情で、障害のある体になってしまった時、日常生活を送る事が困難になる場合があります。そのような時に支払われる年金の事を、障害年金と言います。

17.6.7

障害年金はケガや病気などが原因で、精神や身体的に日常生活や仕事に支障がきたす方を対象に支給される公的年金・一時金です。2種類あり障害基礎年金と障害厚生年金に分かれます。受給資格・金額は収入や財産などの経済的な事情や家族構成、お子様の有無で変わります。

17.5.31

障害年金とは、怪我や病気で精神または体に障害のあるかたが仕事や日常生活をおくる上で支障がある場合に支払われる一時金です。受給資格は、経済的な事や家族構成などが考慮されます。

17.5.24

障害年金とはケガや病気などが原因で精神や体に障害があり、仕事や日常生活を送るうえで支障をきたす方に対し年金や一時金を支給する制度です。上記の方であれば収入や財産などの経済的な事情や家族構成などは考慮せずに受け取れます。

17.5.19

障害年金とは障害が固定した人に国が支給する年金で、支払額は等級にもよりますが、6万円程度になります。障害年金を継続させるには定期的に主治医に定期的に診断書を記載してもらう必要があります。

17.5.9

障害年金とは、けがや病気が原因で精神や体に障害を持っている人で、日常生活を送るうえで支障がある人に年金や一時金を支給する制度です。障害年金には、障害基礎年金、障害厚生年金、障害共済年金の3種類があります。

17.4.25

障害年金において最も重要なものは診断書です。一度、請求したけれども却下された、請求しても認められるか不安だなど、悩まれている方は専門の社会保険労務士へ相談を。電話でもご相談できます。

17.4.18

若い方を中心に将来自分が年金を貰えるかどうか分からないと、国民年金の保険料を支払わない方がいますが、それは間違いです。なぜなら年金には万が一障害者となった場合、障害年金があるからです。障害年金は、保険料納付済期間が加入期間の3分の2以上あることが基本条件で、自分が障害者になってから慌てて保険料を支払っても遅いのです。

17.4.11

障害年金は、国民、厚生、共済年金などのいずれかに加入し、一定期間の保険料を払っている人が、病気やけがなどで日常生活や仕事に支障がある場合に、年金や一時金を支給される制度です。

17.4.4

障害年金は、国民年金・厚生年金・共済年金に加入している国民が精神や身体に障害を負った時に受給できる年金を指し、一定の期間年金を納めていなければ受給をする事はできません。

17.3.29

障害年金を支給できないという決定に納得できず、「再度請求をお考えの方」や「審査請求をお考えの方」どうぞご相談下さい。当事務所は障害年金に強い社会保険労務士が誠心誠意で対応いたします。

17.3.22

障害年金支給の対象となる傷病はたくさんあり、日常生活や労働が困難になっている方に支給されます。まずはご相談ください。

17.3.15

障害年金を請求する際、病歴状況申立書はご自分の症状をご自分で書くものですが、発病から現在までの経過がきちんと書かれていないと返戻される可能性があります。

17.3.7

障害年金で一番多いのは、「もらえることを知らなかった」ことです。傷病により、日常生活や労働が困難になっている方に支給されます。まずは、ご相談ください。

17.2.28

2つ以上の障害がある場合、障害年金を2つ受給することはできません。その場合は、2つの障害から新たに障害等級を決め、障害年金を受給することが出来ます。

17.2.21

障害年金の受給額は、障害の程度によって異なります。年金額の変更は、現況届時の診断書の提出により行われますが、その障害の程度が以前と比べ、重くなったときは、その旨を申し立てることにより年金額の改定請求を行うことができます。

17.2.14

障害年金は一度不支給となったあと、症状が悪化し障害等級に該当する場合は、再度障害年金を請求することが出来ます。これを【事後重症の障害年金】といいます。

17.2.7

【知的障害の障害年金】知的障害の障害認定には、障害の状態によって1級から3級に分けられます。知的障害の認定に当たっては、知能指数のみに着眼することなく、日常生活のさまざまな場面における援助の必要度を勘案して総合的に判断されます。

17.1.31

当事務所では、障害年金請求手続の代行をご依頼いただいた場合には、医師に診断の作成をお願いする際に、ご本人に同行して、専門家として診断書についての説明を医師に対して行っています。障害年金のご相談はお気軽にどうぞ。

17.1.24

当事務所では、障害年金請求手続の代行をご依頼いただいた場合には、医師に診断の作成をお願いする際に、ご本人に同行して、専門家として診断書についての説明を医師に対して行っています。障害年金のご相談はお気軽にどうぞ。

17.1.17

【てんかん性精神病の障害年金】てんかん性精神病とは発作は治まったが、その後、被害妄想や抑うつ気分といった症状が出現もの。てんかん性精神病の場合は、発作はなくても、精神症状による労働や日常生活の制限の程度に応じて、1級~3級の障害年金が支給されます。

17.1.10

障害年金とは、傷病のために働けなくなったときの生活費や医療費などの負担をカバーすることを目的とした制度です。障害年金は請求をしなければもらうことはできません。当事務所では、障害年金請求手続の代行業務もおこなっております。

16.12.20

最近、精神疾患で障害年金を受給するのは難しくなったと言われています。当所では、診断書の内容が障害等級に該当するのに不支給になった方の異議申し立て(審査請求、再審査請求)の支援を行っております。障害年金のことなら何でもご相談下さい。

16.12.14

最近、精神疾患で障害年金を受給するのは難しくなったと言われています。当所では、診断書の内容が障害等級に該当するのに不支給になった方の異議申し立て(審査請求、再審査請求)の支援を行っております。障害年金のことなら何でもご相談下さい。

16.12.6

統合失調症により障害年金のご相談もどうぞ。統合失調症とは、さまざまな刺激を伝え合う脳をはじめとした神経系が障害される慢性の病気です。認知機能障害や感情障害等により日常生活にどれだけ支障が現れているかが判定の重要な要素となっています。

16.11.30

障害年金を受給するには・・・障害年金を受給するにはいくつかの要件を満たす必要があります。①初診日要件、②保険料納付要件、③障害認定日要件。しかしながら、それぞれにも細かい条件がありますので詳しくはお問い合わせください。

16.11.22

障害年金受給後、他人に知られることはありません。受給の記録は年金手帳には記録されず、有無を調べることも出来ません。

16.11.16

障害年金の対象となる傷病 障害年金の対象となる疾病がほとんどです。視力・視野・聴力の低下、うつ病、統合失調症、高次脳機能障害、人工透析を受けているなど、「日常生活や労働が困難になっている方」に支給されるのが、障害年金です。

16.11.9

「貰えることを知らなかった」そんな声も多い障害年金。日常生活や労働が困難になっている方、障害年金の申請はお済みですか?再度請求をお考えの方もまずはご相談下さい。

16.11.2

障害年金請求の手続きを自力で行うのは難しく診断書や申立書の作成には注意が必要です。弊社では、障害年金のプロの社会保険労務士が、診断書の精査、申立書の作成から提出代行に至るまでサポートいたします。

16.10.26

障害年金の認定は、書類上の認定なので実際の障害の症状とは乖離が発生しがちです。当社では、年金の窓口職員や医師と本人やその家族の間の橋渡しをすることで、少しでも皆様方の力になれればと思います。

16.10.19

【障害年金、悩まず相談してください】障害年金を受給できるか、不服申し立てをしたい・障害が重くなったので額改定請求したいなど、障害年金にかかわる相談をお受けしております。まずはプロの社会保険労務士による無料相談をご利用ください。

16.10.11

初診日の決定は、障害年金の請求でまず第一歩にして障害基礎年金かそれとも障害厚生年金かを決めるとても重大な事項です。初診日の決定は慎重にしましょう!

16.10.4

障害年金には、有期認定と永久認定があります。症状が固定していて、次回の提出を求めないことを「永久認定」といいます。ほとんどの場合は、有期認定で、障害の程度の認定は通常1~5年の範囲で行われます。

16.9.27

日常生活や労働が困難になっている方、障害年金の申請はお済みですか?再度請求をお考えの方もまずはご相談下さい。障害年金の不支給が決定され、納得いかない場合は60日以内に審査請求をしましょう。

16.9.20

うつ病・躁うつ病等にかかり、長く療養している方は、障害年金が受給できる可能性があります。経済的不安を解消するためにも、制度をきちんと理解して正確に手続きを進めていきましょう。当事務所は全力でサポートいたします。

16.9.14

障害年金で一番多いのが「貰えることを知らなかった」事です。障害年金支給の対象となる傷病はたくさんあり、日常生活や労働が困難になっている方に支給されます。まずはご相談ください。

16.9.7

問い合わせから始まる障害年金。当事務所では、障害年金請求手続の代行をご依頼いただいた場合には、医師に診断の作成をお願いする際に、ご本人に同行して、専門家として診断書についての説明を医師に対して行っています。

16.8.30

【障害年金は請求をしないともらうことが出来ません】 障害年金は、年金制度が複雑であるために理解しがたく、自力で障害年金の受給権を取得するのは非常に困難なのが現状です。障害年金、請求したいけど・・・お悩みでしたらぜひご相談ください。

16.8.23

【てんかん、てんかん性精神病の障害年金】 障害年金の対象になるのは『難治性てんかん』と『てんかん性精神病』に分かれます。それぞれ障害年金を受け取るには対象条件が異なりますので、お気軽にご相談ください。

16.8.17

多数の障害年金代理申請(請求)の成功実績があります。自力で取得するのが非常に難しい障害年金の受給権。プロの社会保険労務士に一度相談されてみてはいかがでしょうか。

16.8.2

障害年金申請手続専門の社会保険労務士事務所です。> 電話相談は基本的に無料です。うつ病や統合失調症等の精神疾患等で障害年金の申請や審査請求手続き等、どうぞご相談ください。

16.7.27

障害年金裁定請求の手続代行】障害年金の請求に関する手続きすべてを、代行するサービスも行っております。障害年金相談室サービスエリア内で、対応させていただきます。

16.7.20

当事務所では、障害年金請求代行をご依頼いただいた場合には、医師に診断書作成依頼の際にご本人に同行して、専門家としてご本人の症状について説明を医師に対して行っています。

16.7.13

障害年金の診断書を作成してもらうために、障害年金への理解がある医師選びが重要となってきます。社会保険労務士が医師と協力して、より確かに障害年金請求をしていかなければなりません。

16.7.6

最近、精神疾患で障害年金を受給するのは難しくなったと言われています。当所では、診断書の内容が障害等級に該当するのに不支給になった方の異議申し立て(審査請求、再審査請求)の支援を行っております。

16.6.28

高次脳機能障害は、交通事故などで脳血管に損傷がおき、失語症、失行症、認知症、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害が現れることをいいます。高次脳機能障害は、症状の認識が難しいため、障害年金の受給率が低いのが現状です。当事務所は、慎重に障害年金の請求手続の準備をしていきますので、一度ご相談ください。

16.6.21

初診日を簡単に決めてしまう方がいらっしゃいますが、初診日の設定は障害基礎年金かそれとも障害厚生年金かを決めるとても重大な事項です。初診日の違いだけで、後に大変なことになりかねません。障害年金の請求をするための初診日の決定は慎重に行いましょう。

16.6.15

障害年金を支給できないという決定に納得できず、「再度請求をお考えの方」や「審査請求をお考えの方」どうぞご相談下さい。当事務所は障害年金に強い社会保険労務士が誠心誠意で対応いたしております。

16.6.7

もらえることを知らなかった・・・そんな声も多く聞こえる障害年金。視覚、聴覚、言語機能、肢体、精神、呼吸器、高血圧、腎疾患、肝疾患、糖尿病、白血病、HIV、癌などなど。日常生活や労働が困難になっている方、あきらめるまえに是非一度ご相談下さい。訪問サービスも行っております。

16.5.31

うつ病による障害年金 うつ病や躁うつ病で長年療養されてる方も、障害年金を受給出来る可能性があります。制度をきちんと理解して頂くためにも是非一度、ご相談ください。

16.5.25

障害年金請求の手続きを自力で行うのは難しく診断書や申立書の作成には注意が必要です。弊社では、障害年金のプロの社会保険労務士が、診断書の精査、申立書の作成から提出代行に至るまでサポートいたします。

16.5.17

障害年金は請求をしなければもらえません。ご自身ではどうしたらいいかわからない、認定されなかった、など様々なお悩みがあることと思います。障害年金に関すること・裁定請求・審査請求などお気軽にご相談ください。

16.5.10

障害年金をもらい忘れていませんか?障害年金でお困りの方、「もしかしたら私は該当する・・・?」など少しでも疑問を持った方、お気軽にご相談ください。お力となれるよう全力でサポートいたします。

16.4.26

<視覚障害、聴覚障害、精神障害、後遺障害、難病など>植竹社会保険労務士事務所は障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。メール相談だけでなく、東京都を中心に神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬など出張相談も承っております。

16.4.19

障害年金をもらい忘れていませんか?障害年金でお困りの方、もしかしたら私は該当する・・・?など少しでも疑問を持った方、お気軽にご相談ください。お力となれるよう全力でサポートいたします。

16.4.12

植竹社会保険労務士事務所は、東京都を中心に関東近郊での障害年金請求、相談を承っております。実績のある社会保険労務士がじっくりとお話を伺い安心サポートいたします。

16.4.5

植竹社会保険労務士事務所は、障害年金を専門に力を入れております。障害年金の申請や審査請求など親切丁寧にサポートいたします。お気軽にご相談ください。

16.3.31

HPを更新しました